読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーのカーでゴー

おーけーごー

2015/3/6

毎日
思考回路がカスで助かったなあ、と、自分のカスさに感心した1日

5:30起き
今日は嬉しい花金である、帰宅後は下界だ、イエイイエイ、下界行きの準備をして、いざ社畜、昨日牛乳を買いに行くのを怠けたため、コーンフレークは食べられず、そういえばサークルケーとファミマは一緒になるのかね?

仕事はボチボチ
作成を頼まれた仕事は、この数字、本当にこれで良いのかい?と指摘を受ける、まあ、これはいいや、たいして怒られたわけではないし、というカス的発想で切り抜ける

作成を頼んだ仕事はあれですね、こう、送られてきたデータを見ると、作成者の性格が出ていて感心する、というのも、わたしが作った資料のミスに対し、4人が4人、異なる反応をしてくれたのだ
1人はミスに色をつけ尚且つコメントまで入れ、1人はミスを華麗にスルー、1人はそもそも未作成、そして1人はこのミスが気になって頭おかしくなりそうだ、と、わざわざテレホンをしてくれた、そしてこの、最後の1人からテレホンを受けた時、あー全員違う反応だなあと思わず感心し、ボンヤリ生返事をしてしまう、ハア…じゃないだろ!と怒られてテレホンは切れた

ふー、まあ、ただね、そりゃミスったことは悪かったけどさ、こんな所さ、現場で作業してないと、わかんないっつーの、逆にわかったらすごいやつだっつーの、と、こちらもカス的発想で切り抜ける、研究室の後輩の口癖、こんなんできるほうがおかしいっすよ、を、ギリギリ心の中でボヤき、帰路へ

さてと、下界へ向かう、なんだかこのバス、イキフン怖い感じ、妖精さんと話が弾みまくってる人、酔っ払ってる人、盛大な音漏れしてる人、無限にオレオ食べてる人、等等、通路を挟んでダイナミックに鼻くそかっぽじってる人がいるけど、彼が一番無害そう、という、町田康の小説に出てきそうなバスである、こっわ、そしてあれだ、なかなか目的地へつかないなあ

ようやく新幹線、下界へ着き北へ向かうも、関所、赤羽で腹痛により途中下車をしたが、なんとか到着、さ、明日はマラソン本番だ、目標はとりあえず完走、いや、完走は厳しいかもだから、生きて帰ることぐらいにしておこう
よーし、帰ってきたら結婚しよ!、とか言ってフラグでも立てておくぞー



広告を非表示にする