ミーのカーでゴー

おーけーごー

2015/3/21

春の太平洋は呑気だ

5時半起き
5kmほどランニング、ジョギングだと思っていたけれど時速10キロペースはランニングとして良いらしい、前に住んでいた街でも、規模は小さいけれど、観光地の近くに住んでいたからランニングコースには困らなかったが、今の街も小さな観光地の近くに住んでいるため、ランニングコースは楽しい、大きなお寺町と小さな商店街を走る

今日はとても暖かくなる上にお天気も安定して良い、とのことだったため、タオルを漂白し、久々の外干し、うむ、良い、サイコー、春、サイコー、ちょーいけてる、ラブ、春、ラブ、と、ここら辺じゃ一番位置エネルギーの高い我が家から、ムスカのように下界へ向けて高笑いしたいところだけれど、大人だもの、グッと堪える、うちのお隣さんは、大人だけどここんとこ毎晩爆笑してるのだけどね

笑いを堪えながら家事を済ませ、最寄り駅までミーのカーでゴー、今日は春を堪能すべく、愛知県の江ノ島竹島へ行くのだ、竹島と言ってもあれではない、政治的なあれの竹島ではなく、蒲郡にある小さな島である

トレインに揺られ蒲郡に到着する、トレインから降り立った瞬間、むわっと春の匂い、うーん、花粉症とほど遠いわたしには良い匂いだ、思わずニヤニヤ笑いである、それに対し今日の同行人である寡黙な知人は、花粉症のためファックファックと呟いている

蒲郡はアサリの入った蒲郡うどんなるものが有名らしい、ミーハーであり食いしん坊のため早速食べる、一撃必殺、美味しい、汁にアサリの出汁がよく出ているのだ、これがモヤさまのロケだったら、三村さんに喋れよ!を喰らうであろう寡黙な知人との昼食を終え、いよいよ竹島

竹島は本当に小さな江ノ島のようで、島全体が神社になっている、転職がうまくいくようにお祈りし、海岸で貝やウミネコを眺めながらボンヤリする、はー、いいね、春で景色もボヤッとしてるね、と、ニヤニヤしていると、寡黙な知人は何やらイライラしている、なんでも貝が生理的に嫌いなんだそうだ、ホームセンターでハンマーでも購入して、カチ割りながら歩きたい、と、物騒なことを呟いていた

そんなこんなで竹島水族館へ、ここ、特に下調べしてきたわけでもなく来たのだけど、ちょー面白いね、B級スポット感が堪らない水族館だったのだ
展示の魚達一つ一つに、ビレバンのようなポップがあり、ポップにはお魚の性格だけでなく、生々しい入手経路やお金がかかる魚だ、とまで細かく記してある、ちなみに飼育員さんのポップまである、このポップも事細かく、左利きの飼育員さんは、持ち物は大体左利き用である、とまで記載している
凶悪な魚は基本、口がすぼんでいる、という自分ルールを再確認し、水族館を後にする

その後、その昔は貝で製作された秘宝館であったが、現在は秘宝館要素がスッカリ薄れてしまった竹島ファンタジー館の横を通り、喫茶店でコーヒー、アンド、ティービーならぬ、コーヒー、アンド、パンを頂き、地元スーパーで地元パンを購入し、岐阜へ

楽しい一日は楽しくビールでも飲みたいため、このへんの郷土料理を出す居酒屋さんでビールをし、ご機嫌に帰宅、楽しい一日だった、やはり、太平洋に面した海辺の街というのは呑気で良い、東シナ海に面した海辺の街は磯臭い

転職後は都内の坂の街で、ボロアパートにひっそり住みたいと思っていたが、海辺のボロアパートでひっそり暮らすのも楽しそうだ、というよりなによりも、暖かい春の一日というのはディスイズ、サイコーにサイコー!だね




広告を非表示にする