読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーのカーでゴー

おーけーごー

2015/3/28

これよくない?よくないこれ?
よくなくなくなくなくセイイェー!
って感じに今夜はブギーバックな1日

6時半起き、5kmほど走る、風がない10度行くかいかないかぐらいの朝は、ランニング的にディスイズ、ベリーオーケーだね

今日は某私大の面接である、私服でオーケーゴー、ということで無論私服だし、今読んでる本の事を考えると無論リュックである、まあ、ここもだけれど、そもそも書類通るだなんて微塵も思っていなかったし、どうせ話せば馬鹿がバレるからね、だったら馬鹿丸出しで行こう、というカス的思考回路、あとほら、面接場所は名古屋大学だし、スーツにバックだと、面接後、名古屋で遊べないじゃない、というこれまたカス的思考回路、割れながらどーにかしているよね

覚王山に美味しいお紅茶とカレーの店、えいこく屋がある、とのことで面接前にカレーとチャイを食べに行き、物珍しさにバナナカレーを頂くことにする、一撃必殺、美味しい、を、1人で繰り出す、わたしはスジっぽい食べ物、アスパラとかアスパラとか、が好きなのだけど、バナナも熟す前はスジっぽい食べ物で美味しいのだね
近隣テーブルの方々の会話をオカズにモリモリカレーを食べていると、流石、名古屋の高級住宅街(確か)、なんだか会話も
  • この春、スペイン語を始めますの
  • もともとワインの趣味があって、撮影してたら、今度は一眼レフに目覚めちゃいましたの
  • お友達が宮大工からバーテンダーになりますの

等等、よくわからないマダァム的な感じで、カレーも美味しいし、勝手に聞こえる会話も楽しいし、春の匂いも充満しているし、1人でニヤニヤしていると、前のテーブルの女の子がこちらを怪訝な顔で見ていた、どうやら無意識のニヤニヤは女の子へ向けてしまっていたようだ、わたしもスッカリ春の人だな

カレーを食し、フリースポットなるスタバで転職サイトを見て、名古屋大学で読んでる本の続きを読み、いよいよ面接である

名古屋大学フリースポットなるスタバで面接の予定であったが、どうやらお店が混みまくり、ブラブラ歩きながら面接を行う、果たしてこれは面接なのだろうか?

聞かれた事を答えるうちに、どうやら内々定にしておく、との結果が早くも出る、とりあえず、今、受けてる某研究機関の最終面接が落ちたら、うちにおいで、との話を頂く、信じられないが、そういうわけだ、非常にありがてぇありがてぇ、これは信じられないぐらいにラッキーである、というのも、

  • 受けに来た中で一番マトモだった(他、どんなんがきたんだ)
  • 共同研究者と歳が近く、同じ九州出身である
  • 教授の乗っているミニベロを言い当てた
が、主な理由であると思われる、二度目になるが、本当に信じられないが、そういうわけなのだ、なんか君、オタクっぽいし、大学向き、とも聞こえたが、これは空耳にしておこう

まあ、そんなわけでスッカリ浮かれる、トレイン内で、生のシャウエッセンを袋から出したり引っ込めたりするおばちゃんがいたけれど、まあ、彼女も春なのだな、と、いうことにしておく

内定でたら買おうと思っていた、インド人のような色のズボンを購入し、適当に入った餃子屋でビールと餃子をそれぞれ3杯と3皿平らげる、場所的な問題だとは思うが、わたしの他のお客さんは、1人でずっと歌っているおじさんと、大阪の風俗について語る若者どもであった

楽しく1人で酔っ払い、帰宅するも、大して飲んでないわりに気持ち悪く眠れないため、起きておくことにする、まあ、仕方ない、春だし、良い事があったわけだもの、今日もお隣さんは爆笑している、つーか今3時なのに、あれなのだろうか、昼夜逆転してるのかな、お隣さん、もしくはイケナイお薬やってる気がせんでもなくもないテンションである、そして、なんだかんだで、わたしもその後は寝てしまったようだ








広告を非表示にする