ミーのカーでゴー

おーけーごー

2015/4/4

古墳の街でモーニング、今日はあれなのだ、美味しいたい焼きを食べて、美味しいパエリアを食べるために、四谷で花見をするのだ、残念ながら下界のサラリーマンでも、上智大にも縁がないため、四谷へたい焼きとパエリアしに行く口実は、花見ぐらいしかないからね

がしかし、天気、気温、共にイマイチなイキフンである、どうやら友人マッチーのいる天上界フーギーや、友人マサーシーのいる神戸県は、あんだけ週末やべーから!と天気予報で脅されていたわりに、天気も良く、気温も高く、お花見日和に仕上がってるらしい、くそー、これだからフーギーは、わたしがいるときは一生雨で一生寒いというのに

そういうわけで、嫌がる同行人をなんとか古墳の街から引きずり出し、四谷へ向かう、はー、久々の四谷だ、何年ぶりだろう、四谷の街はいいね、大通りがデーンとあるのだけれど、小道に入ると全然違うイキフンになる

この天気でも、花見シーズンのためか、たい焼き屋さん、わかばは混んでいる、20分そこそこたい焼きを待ち、多分、3年ぶりぐらいにいただきます、うむ、美味しい、ここのたい焼きはあれだね、アンコがちょっとだけしょっぱくて美味しい、トーキョーというのは食べ物が色々で、これ!と言ったものに困るのだけれども、わかばのたい焼きはこれ!と言っていいよね、無事、下界の住民となり、天上界からマッチーを呼びつけたらここには連れてこよう、あと、豪徳寺の招き猫もね

たい焼きを食し、上智大の土手で花見をなんとなくし、あまりの寒さに四谷アトレの無料ベンチで暖をとった後はパエリアを食べに行く、ここのお店、わたしの記憶では、そこそこ安く、美味しかったのだ、そしてやはり美味しい、がしかし、そこそこ安いという記憶はいい加減な記憶だったようで、実にわたしの3.5日分の食費が2時間で飛んでしまった、まあ、しゃーない、オサレなお店はそんなもんなのだ…
適度に酔っ払ったところで、自分の今後2年間について寡黙な知人に伝えたところ、現実的である寡黙な知人からは、現実的な意見を頂く、まあ、でしょうなあ、がしかし、独身、子供無し、親も元気で、20代、これは多少、パーパー生きても許される条件が全て整っていると思われるのだ、と、なんとか説明し、事な気を得る、ふー、これであとは親と会社である、ここはなー、相当な難関であるだろう

過去、多くの人を怒らせてきたわたしである、一番怒らせた時は、靴を舐める床を舐めるレベルにプライドを捨て、許しをこいた事もあるため、ある程度までは怒られても平気…かな…まあ、そん時はそん時で、おやすみなさい



広告を非表示にする