ミーのカーでゴー

おーけーごー

2015/4/11

神輿をつる

6時起き、踏台昇降

今日は両親が天界、フーギーへ遊びに来るのだ、恥ずかしくない程度におうちを片付け、両親を迎え撃ちにゴー、うむ、母親は開口一番に特急料金の高さについてモンクイーをしだした、あーあ、わたしも大概モンクイーなのだけれど、母親のそれは輪をかけてモンクイーである、所謂、基本否定から入るタイプなのだ、本日の転職報告ミッションに不安がよぎりながら、お祭りの最寄り駅へ、そう、今日は以前住んでいた街のお祭りである

お祭りのメインイベントまで時間があるため適当な喫茶店で時間を潰す、と、この喫茶店、飲み物の提供、ファイヤーキングでやるのか!!!!こんな片田舎で!!!!がしかし、都内のファイヤーキングカフェと違い、客層はその辺のおばちゃんしかいない、まあこの喫茶店、外観的にはファイヤーキングで提供してくれるなんて想像もつかない出で立ちだものなあ…それにしてもだ、ファイヤーキングで提供してくれる喫茶店なんて下界ですら滅多にないぞ、うーん、もっと早く知っておきたかったなあ

そして父親から、で、転職活動はどうなったの?と早速質問あのね、えーっと、決まったよ、某研究室の研究員、と告げる、と、アッサリ承諾、君はそんないい加減な感じでよく受かったな、というような事を言われるも、まあ事実だしな、それに就活なんて所詮運ゲーであり、顔良しべシャリ良しな方々に多大なハンデを与えられたクソゲーなのだ、そして今回は運が良かっただけの話だしね

喫茶店を後にしてからはお祭りを見る、天気も快晴、ディスイズ、サイコーにチョードイー!綺麗だ、ボキャ貧のため、それ以外の感想が絞り出せないのだけど、綺麗だ、脳内のネジの調整が時折狂っているから、たまに美しい女人を見て無意味に感動し、涙を流す奇行に出てしまうのだけど、このお祭りも綺麗すぎて涙出そう、いかんいかん、友人マッチー曰く、お祭りで泣いていいのは友人マッチーと柴田理恵だけらしいからな、グッと堪えておく

お祭りを堪能した後は界隈をブラブラお散歩していると、一部界隈では有名な、この街出身の文化人がやってる出版社が出来ている、あれ?どゆこと?お祭りのテンションでズンズン中に入って聞いてみると、最近この街へ移転してきたようだ、ええー!本当かい!していると、缶ビール片手に文化人の方がブラブラ出て来た、ええー!本当かい!すぎて、噂は本当だったんですな!と、訳のわからないコメントをしてしまう、文化人の方は意外と小柄で、そして可愛らしい方だった、文化人、握手ぐらいしとけばよかったなあ

その後は今、住んでいる街の観光をし、まあ、この街の特産品だから調度いいのだけれど、父親がお土産に草むしり道具を購入し、早く草、むしりてえなあ!とはしゃいでいる、うちの父親は精神年齢が5歳ぐらいなので非常にわかりやすい、ちなみに父親に、よく、上の言うことは聞かないだろうし、頭を下げないであろうあなたが、会社勤め出来たね、と、最もな事を述べた所、だって俺、あんまり言う事聞かないし、頭下げないもの、と、最もな回答、確かにな、世間一般的に見て父親の会社、特殊だものな…

本日の宿に到着すると、両親開口一番、なんだこれ、ラブホの改築か?と、インフロントオブ結婚前の娘で発言を控えて欲しい感想、母親に至っては更にドイヒーな発言をしていたが、彼女のプライドのためにも日記には記さないでおこう

ノンビリとお風呂に入り、ご飯を食べ、テレビを見て、ラブホのような大きなベットでおやすみなさい



広告を非表示にする