読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーのカーでゴー

おーけーごー

2015/4/30

頭痛が痛い

 

5時半起き

踏み台昇降、なんだか頭が痛い気がする、この痛みは天気が崩れる前の偏頭痛、おかしい、今日はこんなに晴れているというのに、がしかし、頭痛が痛いのは事実だ、しょうがない、今日も仕事はボチボチやらせて頂く事に決定する

 

がしかし、仕事はボチボチどころではない、ほぼ、頭痛にかまけてボンヤリ、イライラ、アンド、ウトウト、はっきり言って休んだ方が、少なくとも会社のためになったであろう、今となっては何をしたのかほぼ覚えていない、個人的につけている作業日誌を見たところ、一応、仕事をしている振りが捗るプログラムを作成していたようだ

 

定時後は労組的な集まり、言うまでもなく、労組的な集まりにも、友達と呼べるのは絶滅危惧品種であり、ちなみに、高崎さんのみである、あとはまあ、なんとなく気を使って話してくれたりはするのだけれど、基本、ポツネンを決め込むはめになる

 

この日も相変わらず高崎さんと少しだけ話した後、高崎さんは作業へ、わたしは妖怪ポツネンと化し、作業にも話し合いにも参加せず、超芸術トマソンの本でも読む

と、何やらわたしを除く女の子の様子がおかしい、これはあれだ、わたしを除く女の子3人グループが何やらケンカ別れ、12の構造が仕上がってしまった模様である、オーコワ、まあ、妖怪ポツネン、すなわち、孤高のソロリストであるわたくしには関係のない話だ

 

その後も粛々と本を読み、華麗に労組的なバス遠足イベントをスルーさせて頂く、もう辞める身であるし、月々5000円も黙ってかっさらわれているのだ、これぐらい許して欲しい

というか、そもそもですよ、管理職以下から一人あたり月々5000円、年間にして6万円、我が会社は確か従業員数1000人ぐらい、管理職が約2割と見積もっても4800万円、4800万円もあいつらに?!と考えると腹が立ってきた、うむ、本当に労働組合というのはあれだな、宗教のお布施システムと似ているな、お布施によってなんとなく助けてもらっているような気がするのだけれど、実態が全く見えない、そして一部の上層部にお金が集まり、彼らだけが美味しいご飯を食べているのだ、確かに上層部の奴らは太った奴がいる、うむ、陰謀だ、まごうことなき、太った奴らの陰謀だ、と、陰謀論を心の中で声高く叫び、帰宅

 

朝からの頭痛が一向に治らぬ、と、思っていたら確かに外はにわか雨、はー、ようやく頭痛が収まる、がしかし今日は何もしていないのに疲れた、昨日作ったにら玉の残りを食し、21には寝てしまった

広告を非表示にする