読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーのカーでゴー

おーけーごー

2015/5/24

困難が待ち受ける

8時起き、ダラダラとテレビを見て朝の時間をやり過ごす、今日も良い天気だ、洗濯物もパリッと乾きそう、サイコー、ハッピー、てなわけで白川ゴーへゴー!の合図をかけるも、寡黙な同伴者から決断が遅すぎる、との真っ当なコメント、うむ、確かに、今からゴーすると昼過ぎに着いて、飯だけ食って、寡黙な同伴者をリリースすることになるからな

というわけで行き先を変更、前に住んでいた市内の、多分最も有名な神社へ連れて行く、連れて行くといっても、我輩も行くのは初めてである、道中、今年のフーギーを脅かしている、大量の毛虫達の襲撃にあいながらようやく到着、ちなみに今年の毛虫は半端ない、まず、木の下には大量にぶら下がっており、ちょっとでも風が吹くと、それらが容赦無く降ってくるのだ、ムシゴヤシは午後の胞子を飛ばすと言うが、毛虫は自らが午後の胞子となっている、何度見ても恐ろしい光景である
神社はというと、ふむ、化物語に出てくる北白蛇神社のようなただずまい、そう、ぼ、ボロい?のか?これは趣というやつなのか?う、うーん、なるほど、きっと由緒ある神社だとは重々承知しているのだが、この大量の毛虫達がイキフンを台無しにしていることは確かである

さて、毛虫の襲撃により何やら今ひとつの印象となった神社を後にしてミーのカーへ戻ると、ミーのカーも毛虫による洗礼を受けている、ほら、ナウシカの最初のシーン、蟲に飛行機が襲われているシーンを彷彿させる具合である、ぎゃー、がしかしミーのカーには瀕死のお姫様が乗っていることはなく、いそいそと洗車機で蟲どもを振り落とすことにする

その後は大衆食堂で昼ごはん、味噌煮込みうどんのセットを食し、次の目的地、岐阜城へ向かうのだが、何度ナビコさんに案内させてもトンネル内で、このトンネルこそが岐阜城である、と頑なに言い張り、トンネルでない岐阜城に辿り着く事がまるでできない、しゃーない、長良川沿いにミーのカーを止め、オサレなカフェ〜にてレスカを飲んだところで取れ高OKが出たため、寡黙な同伴者を下界へリリースし、我輩も天上界へと戻る

帰宅後、湯豆腐を作って食し、昨日買った漫画を読んだらおやすみなさい




広告を非表示にする