ミーのカーでゴー

おーけーごー

2015/5/30

アルコールが入ってる時にありがたいお話されても何も覚えちゃいないよ

5時起き
そう、我輩、なんで休みの日にも早起きなのかを、聞かれてもいないのに書くとだな、不可避の便意によって起きてしまうのである、この話をして今のところ、誰一人として賛同してもらったことはないのだけれど、この狭いようで広い世の中、同意してくれる人はおらんもんかね?

そんなわけで5時起き、そのわりにはボンヤリして何もせず、朝の時間は時間泥棒によって奪われて行き、昼、前住んでたおうちの近くのカレー屋さんでカレーを食べる、うむ、美味しい、カレーは美味しいね、安定しているしね、帰り道に知らない家からカレーの匂いがすると、そこの家の子供になりたくなるのは何でだろうね、おでんとか焼き魚とか肉じゃがは大してならないけれども

カレーを食した後は、ミーのカーの修理見積もり、バンパー交換だそうだ、惜しい、つい1ヶ月前に交換したばかりだというのに、マッチーもなあ、1ヶ月前にぶつけてくれればね、タイミングの悪い女であることよ

その後、引越し準備にホームセンターへゴーしたところ、若い万年係長さん家族に遭遇、ちなみに、若い万年係長さんはなかなかの変わり者であり、結婚して子持ちであることが、人によっては信じられないそうだ、そんなわけでお子様、奥様、さぞや曲者揃いと思いきや、5歳児らしく可愛いお子様と、勝手にウロウロしたあげく、勝手な発言を繰り出す万年係長さんに、ちょームカつくんだけど!とプンプンする可愛い奥さんである、う、羨ましい、カスのカスたるカスの我輩、思わず、あーあ、せめて息子さんが不細工だったら良かったのに、全員可愛くて羨ましい家族ですね、と、カス発言しておく、こんな可愛い家族に囲まれてたらそりゃ、早く帰って子供と遊んでゲームしたいだろうな

帰宅してからは少しだけ荷造りし、工場関係者の方々による送別会へゴー、ルービーを飲み、二次会で、途中参加のお偉いさんに、クドクドとありがた〜いお話をされるも、ハッキリ言って覚えちゃいないし、そもそも聞いちゃいない、そして突然やってきた不可避の睡魔に白旗を挙げて途中離脱し、おやすみなさい




広告を非表示にする