ミーのカーでゴー

おーけーごー

2015/6/6

バイバイバタフリー

6時起き
うええ、やはり昨晩の日本酒とワインはよろしくない、おとなしくルービーだけにしておけば良かったのだけれど、後悔先立たずであり、時は既にお寿司、フーギー旅立ちの日、天気はすっかり回復し、雨上がりの爽やかな空が眩しいがしかし、我輩のお腹の中は、色で例えるとドドメ色である

今日は急遽、能年ちゃんの次に目が綺麗な、通称、能年さん、隣の課であるハイドさんが、モーニングに連れ出して下さる上、フーギー駅まで送迎してくれることとなる、ありがてえ、というわけで早速モーニングへ

いつもの調子で我輩は、ひかりの速さでモーニングを平らげ、のぞみの速さでモーニングを平らげた能年さんと、どちらがより、幼少時代、残虐な遊びを行ったかを競う、対する東海道線の速さでモーニングを未だにモチャモチャ食べるハイドさんは、能年さんの、殺した蛇に魚をパンパンに詰め込む遊びも、我輩の、公園じゅうのバッタから、手足をもぎ取る遊びも、両方ドン引きである、しゃーない、マイルドなエピソードとして、トカゲと芋虫を虫カゴに入れて丸呑みする様子を観察する遊びや、オスとメスのカマキリを虫カゴにぶち込み、やはり食べる様子を観察する遊び、という、パンチ弱めな遊びも披露するが、顔は曇ったままであった

さて、残った荷物を詰めたら、少し時間もあるということで、我輩が最も好きな城、犬山城へ寄ってもらう、うむ、今日の気候と合間って、気持ちがいいね、城内の、157cm(1.01hyde)の我輩、156cm(1hyde)のハイドさんがキッチリ収まる、収まりの良いスペース、通称収まりスペースにおいて、ハイドさんの脈拍数が友人マッチーばりに遅い(通常時40台)話、友人マッチーのメガネが桃屋の親父のようになっている話等々をする、きっと友人マッチー、この日記を読んでいると思うから言っておくが、桃屋になってるの、結構バレてるぞ、ハイドさんは、あのちょっとずれた感じが、癒しなんだよ、とフォローしていたが、マッチー、桃屋メガネ、早く買い替えなさいよ…!

その後、何処から来て何処へ向かうのかわからない、淡水魚でも海水魚でもない魚、その名も鰻を食し、無事、フーギー駅へ到着、ありがとう、能年さん、ハイドさん、フーギー最後の日は、良い旅立ちの日となった

さて、連日の食べ過ぎと、連日の疲れがどっと出たようで、新幹線では泥のように眠り、下界に我、君臨せり、日本のフライブルクへ行く前に、池袋の植民地で今日はおやすみなさい


広告を非表示にする