ミーのカーでゴー

おーけーごー

2015/7/16-29

ちかごーろーわたしーたーちはー
いーかんじー

なわけだ

何がもっともいい感じかというと、イラ…としたときに、イラ…とした感じを思う存分に出せることである

わたしは、些細な事でイライラし、またそれが些細な事でどうでも良くなる、という、人間がなっていない人間である、よく言えば気分屋、悪く言えばめんどくさい人間なのだ

そんなわけで、前の職場でもしょっちゅうイライラした感じを出しており、それが、まあ、人間がなっている人間からすると、やはり、気になるものらしく、しょっちゅう面談を喰らってしまった

こう言っちゃなんだが、違う部署、マッチーのかつての隣の若君など、月曜日は人一人殺してきたかのようなイキフンを垂れ流し、昼休みは虫を殺すのもめんどくさい…というダラっとしたイキフンを漂わせ、仕事中はやはり人を殺しそうなイキフンで仕事、と言う感じで、感情のジェットコースターを日夜繰り広げているのにお咎めなしだぞ、それどころか、マッチーに言わせると、あの、人を殺しそうなイキフンが最高に良い、ハアハア、とまで言わしめている、悔しい、わたしのイラつきは面談、若君のイラつきはマッチーのご馳走なのだ、ああ、マッチーと同じ部署だったら、わたしのイラつきも、ご馳走にしてもらえたかもしれないのに、うーん、しょっちゅうイラついてるわたしも悪いのだが、あれだ、喜怒怒怒怒哀楽ぐらい、自由に表現させて頂きたかったなあ

今の職場は基本的に皆さん、装置と睨めっこしているため、他人の喜怒哀楽には無頓着である、超ありがてえありがてえ、そんなわけで今は自由に勝手に喜怒哀楽、感情の波を冬の日本海のように、ダイナミックに繰り出している、おかげでストレスフリー、アイセーフ、マジでアゲアゲなわけだ

日記を別の感じにしようしようとしていたら二週間もサボってしまったわけだが、まあ、これも気分屋たる所以なのだ
広告を非表示にする