ミーのカーでゴー

おーけーごー

2015/7/30

ありがたいことに、新しい職場での歓迎会を開いて頂いたのだが、皆さんのお目当てはわたしでなく、一緒に雇われた美人妻である、あれ?美人妻はこないの?そうかー、子供まだ小さいもんね、ああ、君は来たのね、てな感じだ

わたしと彼女の顔面偏差値はかけ離れているからな、わたしの作画は花くまゆうさくと言ったところだが、彼女の作画は誰だろう、今流行りの絵が綺麗な漫画家って、まあとりあえず、作画が花くまゆうさくのわたしは、招かれざる客というわけだ

考えてみると、これまでの人生、比較対象がいると必ず、残念な方にカテゴライズされてきた、優秀な方と残念な方、おっぱい大きい方と残念な方、お嬢様と残念な方、今回は美人な方と残念な方、すなわち、頭が悪く、貧乳であり、庶民、作画ミス、それがわたくしである、うむ、なに一つ間違っていないため、何ら反論できないがな

書いてて気がついたのだが、これはあれだ、比較されて残念な方と言われていたわけでなく、比較対象の有無に関わらず、わたしは残念な感じではないか、比較して頭が悪いわけでも、比較して貧乳なわけでも、比較して庶民なわけでも、比較して作画ミスなわけでもない、うむ、オチもない、こんな時はうどん食べてガンバロ!


広告を非表示にする