ミーのカーでゴー

おーけーごー

ごたんだひとつ

ゆらゆら帝国というバンドが好きで、未だに日々の自分の中のBGMによく脳内でたれ流している、やるせない気持ちになると、ボタンが一つ、という曲を流しがちなのだけれども、これの初音ミクが歌ってるバージョンが個人的には非常によくて、サビは本来、ボタンが一つ、という歌詞なのだけど、ミクさんの滑舌により、ごたんだひとつ、と聞こえるのだ、ごたんだひとつに関するどうでも良い話終わり

 

 ごたんだひとつ、の話はさて置き、持ち前のAD体質により、給料は増えないが仕事と責任が増える、という、クソクソアンドクソ係を押し付けられる、と言っても、給料が増えないのならわたしのやる気スイッチも、小学校の廊下にある非常ボタンばりに基本押される事はない、たまに何かの間違いで押されても、教頭先生あたりが今の非常ベルは誤報です、と、すぐさまアナウンスが流れるであろう(わたしの前にこの係だった人は、やる気スイッチをトイレの音姫ばりにジャージャー押す上に、個室の外の人からは、え、あの人ずっと音姫切らないけれど大丈夫かな、具合でも悪いのかな、声でもかけた方がいいのかな、と思わせるタイプだったのだ、まあそんな訳でわたしにこの係がまわってきたのだけど)

 

とりあえずあれだ、大して頑張らないけれど、まあ、ボチボチ頑張るかあ、というときの常套句、うどんとか食べてがんばろ!

 

ごたんだひとつの日記であるようなないような日記、おわり