ミーのカーでゴー

おーけーごー

いいもんだな故郷は

一つ前の職場、生田大学で一緒に働いていた、わたしの中の通称、阪大さんはだいぶクレイジーな方であった

わたしは、自分の世界や自分の世界の法律で生きている節があるけれど、一応、郷には従っておこうという姿勢を見せており、自分の世界の法律があまりにも通用しない場合は緊急自分国会の開催、反対をなんとか押し切り自分特例を出す、しかし定められた期間のみ有効、ぐらいの融通は効くのだが、彼、阪大さんの場合は違う、阪大さん風にいうとちゃうねん

 

そんなわけで、19平米大通りに面した北向き1階、ベランダの隅に数時間のみ日光が差し込み、万物がカビ、屋根と壁のある道路で寝ているようなものだという劣悪環境に監禁されているが、多摩川のこっち側のみは自由行動が許されているためまだ監禁されているにしては良い方だという設定で生きている阪大さん、朝ドラを瞬き一つせず見るためセリフを覚えて呟いてる阪大さん(多分記憶力がものすごく良いのであろう)、スヌーピーが大好きで大体の持ち物がスヌーピーグッズである阪大さん、である

 

阪大さんの前置きが終わったところで、今日のタイトルであるいいもんだな故郷は、の日記であるが、これは今となってはヤフオク、メルカリで高値取引されるという幻のお菓子、カールのCMソングのことだ

 

この曲を知ったきっかけは、阪大さんがホニャホニャ歌っていたためであるのだが、今日のタイトルにした理由は、このわたしの中で最もホニャホニャの歌であるこの曲が、グーグル先生の音声入力に対応出来るか試したためである

 

結果、まあ全く対応出来なかったのであるが、わたしの知っている中で最もハキハキと歌っている歌手である(ハキハキと訳のわからない歌詞を歌っているけれど)、平沢進を試したのだが、やはり、全く対応できなかった

 

ふむ、これはこの曲や歌手が悪い訳ではなく、グーグル先生もまだ歌は難しいわけね、なるほどなるほど、をしたところで、いいもんだな故郷は、の日記はおわり、というかいいもんだな故郷はを聞いて阪大さんを思い出す日記になってしまった