ミーのカーでゴー

おーけーごー

閾値が低すぎる

10年ぐらい前に文化人という謎の称号をもらったのだけれども、先日はストイックっという称号を頂いた

 

せっかくの称号には悪いのだけれども、わたしは大体の事において閾値が低すぎる、味がすれば大体のものは美味しいし、果物は全てがジューシーだ、箸が転がる程度で笑っちゃうし、運賃をうんちんと書くだけで卑猥な単語に見えてきてしまう

 

キャンプというイベントが嬉しく、ここ一月はキャンプ楽しみだなあでアドレナリン出しながら生きていくことが出来、キャンプが終わった今も来月の旅行楽しみだなあでセロトニン構築しながら生きている、ということは、社畜時間後何をするか、週末どこに行くかを、実現の可否はともかくとして立てておけば、毎日、ハロプロの曲口ずさんじゃうぐらい愉快に生きていけるのではないか、というわけでやってみたところ、昨日は、帰りにうどんを食べてくわ、明日が待ってるもん、をするぐらい、愉快な気持ちで過ごした

 

今日は、帰りにスノーピークを見て、途中下車して銭湯に行く、あわよくばちゅるっと焼き鳥ぐらい食べたい、という予定なのだけど、可否はさておき、ニルバーナのリチウムのサビを思わず口ずさんじゃうぐらいに愉快だ、いぇーいぇーいぇーいぇー

 

というわけで、閾値が低すぎるおかげで、人よりショボ目な人生を送ってる割にイェイイェイ言ってる日記おわり